時代的背景の影響が大きいクレーム被害

 商品やサービスを提供するのは多くの企業が利益を上げるために行っていることです。
顧客がそれに対して不満を抱くケースがあるのは必然でしょう。
商品に不備があったり、本来あるべきサービスが提供されていなかったりすれば顧客がクレームをつけるようになるのです。
 しかし、クレームの多さが甚大になっているのが現状であり、クレーム被害に悩む状況が生まれています。
取るに足らないようなことであっても揚げ足を取ったり、徹底的なあら捜しをしたりしてクレームをつける人が増えてきているのです。
これには時代的背景が影響していると言えるでしょう。
顧客獲得競争が激しくなった影響を受けて、他にはないサービスを実施する傾向が強まり、顧客第一という考え方が生まれてクレームに対して是非を問わずに受け入れて対応するという方針が打ち出されました。
サービスで負けないためには他の企業もある程度の追従をすることが欠かせなくなります。
結果として、大半の業界で顧客第一という考え方が広まりました。
顧客側から考えればこの傾向をうまく活用したいと考えるのももっともなことです。
クレームにできる部分を探し出して伝えることにより、利益を得ようと考える人が生まれてくるのも納得できるでしょう。
 このような時代的背景があるため、企業として顧客を最優先する考え方の是非を問わなければ現場でのクレーム被害は収まらない可能性が高いのが事実です。
企業努力が問題解決の数少ない手段と言えます。