サービスの時代とクレーム被害の関係

 サービスの時代が現代社会であり、顧客のためにサービスを提供する立場を取ることが必要になりました。
より良いサービスを提供することによって顧客獲得競争に勝つことが企業にとって重要になっています。
しかし、その点を逆手に取る考えも広まってきているのが現状です。
 クレームをつけることによって不満点を改善してもらい、より良いサービスを受けようと考える人が増えています。
あら捜しをしてクレームをつける顧客も見られるようになったきた影響により、クレーム被害に悩むようになる現場も珍しくありません。
対応が難しい内容であったり、コスト面から考えて適宜対応するのは難しかったりする場合もあるものの、顧客の満足のために何とか対応しなければならないと頭を悩ませる日々になる人もいます。
適切な対応を取ったにもかかわらず、その内容にさらにクレームを付ける顧客もいることから、クレーム被害は徐々に状況が悪化していくことが多いのが特徴です。
しかし、それに悩むよりも、サービスの一環だと考えて前向きに取り組むようにするだけで解決される場合があります。
 あまりにも機械的な対応だったり、クレームの対応が遅かったりするとまた新たなクレームが生じてしまいます。
懇切丁寧すぎてしまって反感を買っても状況は改善しないでしょう。
真摯な気持ちを持って対応していると、相手に少しでも良心があるならそれでクレームはストップします。
相手のクレームを受け入れて真摯に対応するだけで悩まずに済む場合も多いのです。