共有することで対策するクレーム被害

 個人事業主の方が商売を進めていく際に、ネックになることの一つにクレーム被害があります。
店舗を構えて飲食業や衣服ショップなどを営んでいる個人事業主の方も、インターネットを利用してサービス業をされている個人事業主の方も、この悩みを少なからず抱えています。
自社の従業員同士で協力し合って知恵を絞り、解決策を考えていくのも一つの方法ですが、それ以外の方向性として、ほかの会社を経営している個人事業主同士で情報を共有しあい、協力して解決策を出し合っていくことをお勧めします。
 自社製品やサービスに関する不満や不服、またサービスを提供する側にとっては到底覚えのないクレームを、消費者側があえて作り出して訴えてくることもあります。
その種類やパターンを共有することにより、解決策のパターンも豊富に準備することができます。
クレーム被害を完全になくすことは不可能ですが、適切な解決策や解決経験を共有することで、緩和することはできます。
 商売、ビジネスを展開している個人事業主の方は、経営ノウハウを高めると同時に、この目的を志す個人事業主同士の交流や情報共有を大切にするべきです。
一人の力で会社を回していくことはできません。
社員同士の協力や、ほかの同業他社、ほかの業種との連携により、ひとつの企業は成長し、運営されていくということを認識しましょう。
経営の悩みを共有することは、悩みを経営に生かすということです。